My Recommendation全国の釣具店スタッフ激白!
ハヤブサアイテム おすすめマンスリー

No.15 釣具のキャスティング東久留米店 水野隆史さんの場合

今月のおすすめアイテム

  • アマダイ フロロ 丸海津ケン付き 2本鈎2セット
  • 鬼カサゴ ケイムラフック 2本鈎2セット

「全国の釣具店スタッフ激白! ハヤブサアイテムおすすめマンスリー」第15回は、東京都小平市花小金井にある「釣具のキャスティング東久留米店」スタッフの水野隆史さん。船釣り全般が得意で東京湾から房総、相模湾に出かけるエサ釣りフリークだが、イカ釣りも大好きなのだとか。そんな水野さんのオススメが、これから旬を迎えるアマダイとオニカサゴ釣りの仕掛だ。

長軸のケン付きバリでエサズレ防止
高級魚アマダイを効率よく!

10月にシーズン入りし翌年の2、3月に終盤を迎えるのが東京、相模湾のアマダイ釣り。例年11~12月がピークでこれからがベストシーズンなのだ。ポイントは小さい根が点在した水深40~80mの泥底で、テンビン吹き流し仕掛にオキアミのエサを刺し海底付近をねらう。オモリで海底を叩くように探り50cmから1mほど誘い上げてアタリを出す。そんなアマダイ釣りで水野さんがすすめる仕掛が『アマダイ フロロ 丸海津ケン付き 2本鈎2セット』だ。「ハリの軸が長くエサのオキアミを真っ直ぐきれいに刺せますし、軸にケンが付いていますのでエサがズレにくいのもいいですね」というのが、その理由。ハリサイズは13号ぐらいが標準とのこと。

東京湾でも相模湾でも釣れるアマダイはアカアマダイがメイン。時折、値打ちもののシロアマダイやキアマダイもまじることがあるが、まずは希。サイズは30~35cmをレギュラーに最大で50cm。絶好調の年で慣れた人なら15尾ほど釣り上げることもあるが、5~10尾釣れれば上出来の釣りだ。

水野さん
「泥底ポイントなので根掛かりのリスクは低いです。エサはオキアミなので、ケン付きで軸が長い丸海津バリを採用したこの仕掛がオススメです」と水野さん
アマダイ フロロ 丸海津ケン付き 2本鈎2セット
アマダイ フロロ 丸海津ケン付き 2本鈎2セット
「丸海津ケン付き鈎」仕様で、誘いを多用してもオキアミがズレにくく、ハリが長軸形状なので刺したオキアミが安定しやすいのが特長。全長2.2mの2本バリで吹き流し式のテンビン仕掛に使用。幹糸、ハリスとも3号でハリサイズ12号、13号から選べる

鍋ネタに最高!
オニカサゴ釣りにはケイムラフック!

オニカサゴも12月ごろから本番を迎える船釣りのターゲットだ。東京湾や南房では年中ねらえるそうだがベストは12~4月。水深80mから中深海の200mラインがポイントで、30~50cmをレギュラーに多い人で5尾。30cm以下はリリースするのが暗黙の了解? なのだそう。

鬼カサゴ ケイムラフック 2本鈎2セット
鬼カサゴ ケイムラフック 2本鈎2セット
ケイムラコートされた「ムツひねり無し」バリを採用し水中での独自の色合いでアピール力抜群。チモトの発光玉でエサの存在を強調。テンビン吹き流し仕掛用の全長1.5mで2本バリ。幹糸・ハリス6号でハリ17号と、幹糸・ハリス8号でハリ18号の2種がある

この釣りもテンビン式の吹き流し仕掛を使用。オモリは80~250号とポイントによって幅広い。エサはサバの切り身を中心にサケの皮やイイダコなど、いろいろ工夫する人が多いのも、この釣りの特徴だ。

そんなオニカサゴ釣りでオススメなのが『鬼カサゴ ケイムラフック 2本鈎2セット』で、「とにかくケイムラフックが採用されているので深い海中でもアピール度が高く、オニカサゴの食いがよいです」と水野さん。「これからの鍋シーズンには欠かせない美味しい魚ですので、ぜひ気軽にチャレンジしてみては?」と水野さんがいうのは、多くの船宿には中深海釣り用のレンタルタックルが準備されているから。クーラーボックスひとつで釣行OKなのだ!

釣具のキャスティング店内
釣具のキャスティング店内
「釣具のキャスティング」は関東地方を中心に東北から九州まで全国に50店舗以上を展開する大型釣具店。船釣りはもちろん各種エサ釣りからルアーフィッシングまで海・淡水問わず豊富な品揃え
キャスティング東久留米店
東京都小平市花小金井3-34-26のキャスティング東久留米店は、新青梅街道沿いにある大型店。年中無休で営業時間は10~21時

釣具のキャスティング東久留米店

住所:東京都小平市花小金井3丁目34−26
HP:http://castingnet.jp/shop/shop.php?s=19&c=5