NEW PRODUCT TALKハイアピールジョイントシンカー ライブスイマー
ハイアピールジグヘッド ライブスイマー オフセット

関東地方では早くも本格的な秋が来てしまったかのような涼しい日々が続いているが、実際に暦の上ではもう秋。
秋といえば、食欲の秋、読書の秋などいろいろあるが、我々にとってはやっぱり「釣りの秋」。河川ではアユも渓流魚も禁漁間近で、アユ&渓流ファンは追い込み真っ只中だろう。海は一年で最もターゲットが多い季節と言っても過言ではなく、ショアもオフショアもどの魚を釣りに行こうか迷ってしまうほど。気候も暑くもなく寒くもなく、まさに釣りには最高の季節だ。
今回は、そんなシーンにぜひ使っていただきたいアイテムを紹介したい。実はすでに6月に登場しているアイテムで、手前味噌になってしまうが、本当に凄いアイテムなのだ。
それは、『ハイアピールジョイントシンカー ライブスイマー』と『ハイアピールジグヘッド ライブスイマー オフセット』という2アイテムである。

ハイアピールジョイントシンカー ライブスイマー
ハイアピールジグヘッド ライブスイマー オフセット

まるでジョイントミノーのような生き生きとした動きとフラッシングでアピールする

『ハイアピールジョイントシンカー ライブスイマー』と『ハイアピールジグヘッド ライブスイマー オフセット』は、その名の通り、“ハイアピール”で、“ライブにスイム”するのが最大の特長。前者はシンカーのみ、後者はフック付きのタイプとなっている。
特長的なのは、ヘッド部分が円盤型となっていること。広い面で水の抵抗を受けるので、つまりこれがミノーのリップ的な役割を果たし、ワームそのもののアクションに加え、ジグヘッドが生み出すアクションがプラスされるのだ。
さらに、従来の多くのジグヘッドは、ウエイト部分とフックが固定式、つまりウエイトにフックが組み込まれているものが主流だが、この『ハイアピールジョイントシンカー ライブスイマー』と『ハイアピールジグヘッド ライブスイマー オフセット』はボディ中央部にスナップが付属しており、そこにフックを取り付けるようになっている。つまり、ウエイトとフックが分離した“ジョイント式”になっている。ワームを装着すれば、まさにジョイントミノーである。
したがって、一般的なジグヘッドとは比較にならないほどに“ライブにスイム”つまり、生き生きと泳ぐのである。もちろん、ヘッド部分は平面であるためフラッシング効果も抜群。『ハイアピールジョイントシンカー ライブスイマー』と『ハイアピールジグヘッド ライブスイマー オフセット』は、従来のジグヘッドとは一線を画す動きと光でハイアピールするのだ。

フック
フック
フック

フック脱着可能な“ジョイント式”のメリット

フック脱着式の『ハイアピールジョイントシンカー ライブスイマー』と『ハイアピールジグヘッド ライブスイマー オフセット』。フックとヘッドが別々になっているメリットは、他にはどんなものがあるのだろうか。
まずは、フック交換が容易なこと。ロックフィッシュゲームでのジグヘッドの使用は、根掛かりはどうしても避けられない。たとえ無事回収できたとしても、ハリ先が甘くなっているケースが多い。フック固定式のジグヘッドでは、フックだけがダメージを受けても当然のことながらすべてを交換しなければならないため、不経済だ。
その点、この『ハイアピールジョイントシンカー ライブスイマー』と『ハイアピールジグヘッド ライブスイマー オフセット』はフックだけを交換できるので、大変経済的。お財布にも優しいのである。
さらにメリットはある。好みの形状の、そして好みのサイズのフックがセットできるのだ。従来の固定式ジグヘッドでは、概ね重いヘッドには大きなフック、小さいヘッドには小さいフックが付いている。重いジグヘッドに小型のワームを装着したくてもフックの大きさが決まっているため、非常にアンバランスとなってしまっていた。
ところが、この『ハイアピールジョイントシンカー ライブスイマー』と『ハイアピールジグヘッド ライブスイマー オフセット』であれば、大型&ヘビーヘッドに小型フック&小型ワームというセティングも可能。また逆に、小型&軽量ヘッドに大型フック&大型ワームをセットするということもできるのだ。もちろん、トレブルフックなども装着できる。
『ハイアピールジョイントシンカー ライブスイマー』と『ハイアピールジグヘッド ライブスイマー オフセット』は、ターゲットやシチュエーションに合わせて、自由にヘッドとフック(ワーム)を組み合わせることができるのである。
さらにもうひとつ。ジョイント式でフックの自由度が高いということは、バラシも軽減してくれる。ヘッドシェイクの激しいシーバスやマゴチ、そしてアイナメなどがヒットした際には、大きなアドバンテージとなってくれるに違いない。

カサゴ

ジグヘッドでありながらフォールで強くアピールできるという意味

最後はアクションについて紹介しよう。
『ハイアピールジョイントシンカー ライブスイマー』と『ハイアピールジグヘッド ライブスイマー オフセット』がこだわったのは、いかにワームの動きに生命感を出すか、ということ。そのため、 “スイミング(=横の動き)”と“フォール(=縦の動き)”に工夫を凝らしている。
スイムは先に紹介したように、ジグヘッド&ワームというカテゴリーながら、まるでジョイントミノーのような“蛇行スイム”を得意とする。
凄いのはフォール時。『ハイアピールジョイントシンカー ライブスイマー』と『ハイアピールジグヘッド ライブスイマー オフセット』の真骨頂ともいうべき“ゆらめきフォール”を生み出すのである。
釣りにおいて、“フォール”でアピールするということは非常に重要な要素。なぜなら、魚は上から落ちてくるモノに強い興味を示すからだ。
たとえば、カサゴやハタなどのロックフィッシュは、海底や壁面などに腹を付けて、そこから自分の上を見ながらベイトフィッシュやエビやカニなどの甲殻類といったエサを虎視眈々と狙っている。
その習性は、口の形状を見れば一目瞭然。カサゴやメバル、ハタ類、そしてソイはもちろん、シーバスやタチウオも下顎が長い受け口型。これは下から上のエサを捕食するのに適している形状である。
さらに、ヒラメやマゴチといったフラットフィッシュは、目は上向きで、やはり海底などに腹を付け、上を泳ぐベイトフィッシュや甲殻類などを狙っている。
そういう生態学的観点から見れば、いかに“フォール”が重要であるか、お分かりいただけるのではないだろうか。
フォール時にもアクションし、フラッシングでアピールする『ハイアピールジョイントシンカー ライブスイマー』と『ハイアピールジグヘッド ライブスイマー オフセット』。フィッシュイーターたちを狙う際には、まさに理に適った性能を持ったジグヘッドといえるのだ。

カサゴ
シーバス
マゴチ

『ハイアピールジョイントシンカー ライブスイマー』と『ハイアピールジグヘッド ライブスイマー オフセット』のウエイトは、下は5gから、7g、10g、14g、21g、そして28gまで用意されている。これだけのウエイトバリエーションがあれば、ショアはもちろん、オフショアでも使用可能。カラーも厳選された3色が用意されているので、ロックフィッシュゲームやフラットフィッシュゲーム、さらにはシーバスやタチウオゲームにも使用していただきたい。

ハイアピールジョイントシンカー
ハイアピールジョイントシンカー
ハイアピールジョイントシンカー