My Recommendation全国の釣具店スタッフ激白!
ハヤブサアイテム おすすめマンスリー

No.8 つりぐの岡林 土佐道路店 岡林聡さんの場合

今月のおすすめアイテム

  • 【カワハギ】
    ギンギラギンカワハギ 3本鈎 / 堤防カワハギ集寄 2セット入 /
    目玉集魚シンカー 【船極ヒラメ・青物】
  • 【船極ヒラメ・青物】
    大ヒラメ シングル1セット / 大ヒラメ トリプル1セット /
    固定式シングル 2本鈎2セット / 固定式トリプル 2本鈎2セット

南国土佐といえど釣りものが少ない厳寒の2月。そんな高知県は高知市周辺で熱いのが船のカワハギ釣りだ。
「カワハギは年中釣れるのですが、夏は群れが散らばりますしエサ取りも多いので釣果はそれほど上がりません。春4~5月もよく釣れる時期ですが外道も多くなります」という、つりぐの岡林・土佐道路店チーフの岡林聡さんによれば、1~3月がもっとも釣りやすく釣果も稼げる時期という。高知市周辺から出船する遊漁船もしくはプレジャーボートの釣りでポイントは浦戸湾を出た土佐湾。浦ノ内湾などには貸し舟もある。今シーズンも遊漁船ではトップの人で20cm前後を中心にマックス25、26cmまじりで30尾と好調だ。

岡林さんのおすすめ仕掛はカワハギシリーズ「ギンギラギンカワハギ 3本鈎」で、幹糸の中間4ヶ所にギラギラと目立つアピールパーツを搭載、スパンコールの反射光とキララハードのカラーリングがカワハギを惹き付ける。エステルハリス使用で腰があり高感度。あとオモリさえあれば釣りができるという手軽さが人気の理由だとか。さらに「堤防カワハギ集寄 2セット入」と「目玉集魚シンカー」で、より刺激的な仕掛を組めば完璧!とのこと。

岡林さんご自身も1月28日、貸し舟で3時間ほど竿を出し10数尾の釣果があったとか。18cm以下は少なく、ほとんどのカワハギが肝パン状態! とにかく釣ってよし食べてよしなのが2月のカワハギなのだ。

つりぐの岡林店内
ギンギラギンカワハギ堤防カワハギ集寄目玉集魚シンカー
「ギンギラギンカワハギに堤防カワハギ集寄、目玉集魚シンカーがあれば鬼に金棒、カワハギ釣りにハヤブサです!」という、つりぐの岡林・土佐道路店チーフの岡林聡さん。タイラバ、ノマセ、カワハギ、アオリイカなどの船釣りをメインに夏場はアユの友釣りが大好きなアングラーでもある
つりぐの岡林店内
品揃えの豊富さ
つりぐの岡林 土佐道路店は国道56号(土佐道路)沿いにある大型釣具店。品揃えの豊富さは四国でもトップクラス。
営業時間は月~木曜が9:30~21:30、金曜と祝日の前日が9:30~0:00、土曜が6:00~オールナイト、日曜がオールナイト~20:00、
祝日は6:00~20:00。船用品はもちろん磯、波止など海釣りからアユの友釣り用品など淡水の釣り具も充実。
エサ釣りファン、ルアーフィッシングファンともに満足できるお店だ
シングルフック トリプルフック仕様
冬の土佐湾はヒラメ釣りのシーズンでもある。
「今シーズンは1月現在、ベイトが少なくヒラメの食いはよくないのですが2月に入ってベイトが増えてくれることを期待しています」と岡林さん。シングルフックでヒラメ一本に徹するか、トリプルフック仕様でアオリイカも!一挙両得をねらうか?あなたはどっち派?

高知沖に出る遊漁船はヒラメが釣れる時期でもある。12~4月がシーズンで生きアジをエサにしたノマセ釣りでねらう。「40cmぐらいから大きいもので70cmオーバー、レギュラーサイズは60cm前後です。多い人で3尾ほどの釣りですが」という岡林さんのおすすめ仕掛は船極ヒラメ・青物シリーズの「大ヒラメ シングル1セット/大ヒラメ トリプル1セット/固定式シングル 2本鈎2セット/固定式トリプル 2本鈎2セット」など。

「大型を確実に取りたい人はハリス8~12号の大ヒラメ、食いを優先する人はハリス6~7号の固定式という選択です。シングルとトリプルをどう使い分けるかといいますと…」と岡林さんは話を続ける。
実は高知沖にはアオリイカも多くエサのヒラメねらいの生きアジに抱き付いてくることがよくあるのだ。このときにアオリイカも確実にゲットしたい人はトリプルフック仕様が掛かりがよく食い逃げされず有利。「ただヒラメの食いだけを考えるとシングルフックのほうが断然おすすめです」と岡林さん。
ちなみにエサの生きアジは各自エサ店で購入するか、陸で釣って持参する必要があるのだそう。

岡林さんによれば今シーズンは1月末現在、実のところあまりヒラメの調子がよろしくない。
ベイトが例年より少ないのが原因だろうとのことだが、2月以降に釣果が上向くことを期待したい。

カワハギ

「カワハギ ギンギラギンカワハギ 3本鈎」
「カワハギ ギンギラギンカワハギ 3本鈎」
オモリさえあれば手軽にハイアピールなカワハギ釣りができる堤防・船兼用の仕掛。3本バリで幹糸のエダス・スナップサルカンの各中間にキララハード着色スパンコールゴールド、同スパンコールシルバーのハイアピールパーツが搭載されている。ハリ3~8号、ハリス2~4号、幹糸4~6号の全6アイテム
「カワハギ 堤防カワハギ集寄 2セット入」
「カワハギ 堤防カワハギ集寄 2セット入」
強烈なキラメキでカワハギを寄せる集奇。上下にスナップ付きで、いろいろな仕掛に簡単にセッティングできる。ぴっかぴかAタイプ、ぎんぎらぎんBタイプ、ぎんぴかCタイプの3アイテム。各2個入り
「カワハギ 目玉集魚シンカー」
「カワハギ 目玉集魚シンカー」
グロー(夜光)、レッド、ショッキングピンク、チャートイエロー、パールホワイトなど全5色、オモリ本体の豊富なカラーラインナップに、くっきりハイアピールの目玉「ビッグリアルアイ」でカワハギを誘う船釣り用オモリ。多面体ボディーの低重心設計。25~40号

船極ヒラメ・青物

「船極ヒラメ・青物 大ヒラメ シングル1セット」
大型ヒラメに的を絞った太ハリス、太軸のハリを使用したシングルフック(強靱ヒラメ)の孫バリ仕掛。上バリが14号、下バリが13号、ハリス8、10、12号の3タイプから選べる。胴突下オモリ式で幹糸は10号、12号、14号、捨糸は4号、5号、6号
「船極ヒラメ・青物 大ヒラメ トリプル1セット」
シングル仕様の下バリをトリプルフック♯8、♯6、♯4にした仕掛でハリス、幹糸、捨糸はシングルと同じ。トリプルフックを使っていることで掛かったヒラメを確実にキープ。アオリイカがエサのアジを抱いてきてもトリプルフックがあれば食い逃げされるリスクが減少
「船極ヒラメ・青物 固定式シングル 2本鈎2セット」
ハリス6号、7号、幹糸7号、8号の標準的なヒラメノマセ仕掛。固定式シングルは上バリに丸セイゴ17号、18号、下バリに伊勢尼12号、13号を使用した孫バリ仕様
「船極ヒラメ・青物 固定式トリプル 2本鈎2セット」
固定式シングルの下バリをトリプルフック仕様にしたノマセ仕掛。ハリス、幹糸、上バリはシングル固定式と同じ

つりぐの岡林 土佐道路店

住所:高知県高知市朝倉己155−5
HP:http://www.turigu.co.jp/