旨いもん見つけた! No.52独断ご容赦!ハヤブサ営業マンおすすめアフターフィッシング「いろいろ食べたいぞ!」編
営業部・柳田峻孝さんの場合

「旨いもん見つけた!」第52回は大分県全域、宮崎県全域、熊本県の天草エリアから山口県全域で営業活動をする柳田峻孝さん。今回は熊本市内にあり日中は丼物、うどんなどランチがメインだが夜は新鮮な魚介類、熊本名物の馬刺しなどを提供する居酒屋としても営業するお店を紹介。熊本、とくに天草エリアでは2月末からアオリイカが釣れ始め3月に入ればキロアップが期待できる本格的な陸っぱりエギングシーズンに突入。また青物のナブラも出始めるころで早い春の訪れが感じられるようになる。

柳田峻孝さんとブリ
ブリやヒラマサなど青物ゲットした柳田さん。同級生が店主を務める「酒処もり亭」へ直行! 「今度はグレやカワハギも持っていこうかな」だそうです

釣果を持ち込んで新鮮な魚と熊本地酒で乾杯!
「お造り盛り合わせ」「握り寿司」酒処もり亭

「予約は必要ですが天草でアオリイカやブリ、ヒラマサなど何でも釣果があったら、ぜひ訪ねてみてほしい」と柳田さんがいうのは「酒処もり亭」というお店。何と前もって連絡しておけば持ち込んだ釣果をリーズナブルなお値段で料理してくれるのだそう。実は柳田さん、熊本県出身で「もり亭」のマスターとは高校時代の同級生なのだそう。

ある日、柳田さんが持ち込んだのはジギングでゲットしたブリ。すると広盆に乗ったお造り盛り合わせから始まって握り寿司と豪華なブリづくしが目の前に。お造り盛り合わせには普通の刺身からタタキ、白ゴマが振られた漬け風(何だか分からないけど美味しかったのだそう)のものまでがズラッと美しく芸術的に!

ブリづくし
ブリづくし! 刺身にタタキに漬け? 自分で釣った魚がこんなに美しく! 美味しく!

そしてブリの握り。「実は僕、ワサビが苦手なんです」と寿司はいつもサビ抜きで食べる柳田さん。ところが「もり亭の寿司だけはワサビが入っていても平気なんです」という。「どんなワサビ使っているのかなあ?」と不思議がる柳田さんだが、とにかく「ワサビが効いていて!?」抜群に美味しかったという。

握り寿司
握り寿司
握り寿司も旨い! これほどプロとアマチュアの差が出る料理はないかも!
お造り
ヒラマサ
柳田さん、別の日の釣果はヒラマサ。当然、もり亭に持ち込んでヒラマサ造りを堪能!

お酒も日本酒が充実しているそうで「お店の表には出てないですけど、見えないところにいろいろ置いているみたいです」と大満足。ちなみに「もり亭」のマスターも柳田さんの影響か最近釣りを始めたという。その日の釣果に舌鼓を打ちつつ熊本の地酒をちびり! こぢんまりしていてアットホームな店内で、釣り談義で盛り上がるのは間違いなさそう。コロナ禍の収束が待ち待ち遠しい。

酒処もり亭
肉
うどん
「酒処もり亭」は市電A系統の慶徳校前駅から100m強。RKK通りの肥後銀行本店営業部の向かい、松崎ビル地下にある。昼間は丼やウドンなどランチ中心だが夜間は馬刺しを始めお酒が進むメニューがズラリ。もちろん釣果を持ち込まなくても新鮮な魚介類が味わえる。魚の持ち込みは必ず前もって連絡のこと。ただし多忙で無理な場合もある

酒処もり亭

住所:熊本県熊本市中央区練兵町54-4 B1
HP:https://akr4119846189.owst.jp/