NEW PRODUCT TALK 堤防ウルトラライトジギングサビキセット
堤防ウルトラライトジギングサビキ


©ツリホウ

2月の日々、気持ちは春へと向かい「わくわく」する。人も魚達も同じ。特に釣り人は今シーズンをどのように楽しむか想像が膨らみ釣具選びにも熱が入る時期だ。
全ては魚を釣り上げた時の喜びのため。そのためには、なんとしても魚を釣り上げなければ!とはいえ釣り人たるもの少々の不安も抱えがち。その一番のキーワードが「ボウズ・・・だったら・・・」しかし、今シーズンは安心していただきたい。
「ボウズ率がグッと下がる!」と名高い仕掛「ジギングサビキ」シリーズをご紹介しよう。

堤防ウルトラライトジギングサビキセット
堤防ウルトラライトジギングサビキセット

まずは、「堤防ウルトラライトジギングサビキセット」サビキとジグがセットになっており、フィールドに着いたらすぐに釣りができてしまう嬉しいアイテムだ。この仕掛の魅力を開発担当の田中さんに聞いてみた。
「誰もが簡単にライトショアジギングを楽しめたらとの思いで開発に臨みました。ショートロッドでもキャストしやすいよう仕掛の長さを50cmにしてアピール力あるサビキを使用しています」
全長50cmという長さは初めてキャスティングゲームを楽しむ方にとっては、キャスト時の糸のたらしの長さにちょうどよく、基準になる長さでもある。トラブルなく扱いやすい。

アピール力あるサビキは、オーロラサバ皮を使用。このサバ皮を使用した理由は「巻いている際も、シルエットがしっかり出るんです」と田中さんは話す。プラス、ラメ留・ブライトン・オーロラ糸そして、小アジ胴打の金鈎で構成されこれでもかと言わんばかりの猛アピール仕様となっている。

セットされているジグは、最も人気が高く実績高いピンクカラー。5gと7gそれぞれラインナップされている。ライトショアジギングでは多用するウエイトなので、この2つを持っていれば安心だ。これから始める方には間違いなくおススメである。

 

堤防ウルトラライトジギングサビキ
堤防ウルトラライトジギングサビキ"

そして、「堤防ウルトラライトジギングサビキ」こちらはジグがセットされていないサビキのみのアイテム。S、M、Lと鈎の大きさ、仕掛糸の太さが異なる3タイプがラインナップされている。このラインナップのおかげで状況に応じてよりゲームが楽しめることになる。対象魚はアジ・サバ・カマス・イナダ・小型ロックフィッシュetc,,,と魚体や口の大きさが異なる魚達。特に回遊魚は、その時々で魚体の大きさが変わることもある。魚体の大きさやその時々の活性の違いでベストチョイスすれば釣果UPにつながる。 
このアイテムはジグが別売りになるがライトゲーム専用のジグである「ジャックアイファインダー」がおススメである。

ジャックアイファインダー
ジャックアイファインダー"

フィールドは、家族連れや、これから始める方にも釣りやすい防波堤がおススメ。釣り方はキャストしいったんボトムをとりジャーク&フォールやタダ巻が基本。状況に合わせリトリーブスピードに変化をつけるとより釣果に結び付く。
対象魚はどれも美味しい魚達だらけ。楽しく釣って美味しく食べよう。ところで、世界一美味しい魚を知っているだろうか?それは自分が釣った魚だ。堤防ウルトラライトジギングサビキで世界一美味しい魚を釣っていただきたい。