旨いもん見つけた! No.13 独断ご容赦!ハヤブサ営業マンおすすめアフターフィッシング「いろいろ食べたいぞ!」編
営業部・栃木雅史さんの場合

「旨いもん見つけた!」第13回は関東エリアのハヤブサ営業担当、栃木雅史さん。今回は千葉県北東部、九十九里浜の最北端に位置する旭市の飯岡漁港、そして神奈川県横浜市は大黒海づり施設から至近距離にあるお店。飯岡漁港はこのエリアでも有数の遊漁船基地で11~12月はマダイのテンヤ釣り、タイラバ、ヒラメのノマセ釣りなどがシーズン。一方の大黒海づり施設は11月初旬現在、サビキのアジやイワシなど、小物ねらいのファミリーフィッシングで賑わっている。

お造りに唐揚げ……地魚がボリュームたっぷり!
「浜ゆう」浜ゆう定食

飯岡港の遊漁船「優光丸」が県道30号沿い、「いいおかみなと公園」のすぐ近くに併設しているオーシャンビューの民宿・お食事処「浜ゆう」は、船釣りが大好きで千葉県エリアの営業を担当する栃木さん、お気に入りのお店。なかでも「地魚の定食がボリュームたっぷり味わえます」と太鼓判を押すのが「浜ゆう定食」だ。季節ごとのお造り盛り合わせとカレイの唐揚げが存在感たっぷり。「とにかく、どのメニューもボリュームがあり、天丼もでっかいエビが2匹ドンと乗っかってます」と写真でも分かるように、とにかく食べ応え満点。地元、飯岡港の船頭衆も宴会で利用する「浜ゆう」なので、魚介類の味は間違いなし。釣行時に宿泊するもよし、たっぷり釣りをした後の食事利用におすすめだ。

浜ゆう定食
新鮮なお造り、カレイの唐揚げが味わえる「浜ゆう定食」は小鉢も3品付きでボリューム満点
天丼
天丼もビッグ!大エビ2匹のほか野菜の天ぷらでご飯が見えないほど!これも捨てがたいメニュー
浜ゆうのメニュー
お食事処「浜ゆう」のメニュー。リーズナブルなお値段とはいえないが、「それだけの食べ応え、満足感は充分にあります」と栃木さん
浜ゆう外観
浜ゆう看板
民宿・お食事処「浜ゆう」は国道126号を八日市場方面から県道30号(九十九里ビーチライン)に入り、「いいおかみなと公園」手前左側、太平洋を臨む位置にある

浜ゆう

住所:神奈川県小田原市江之浦408
HP:http://www.hamayu.jp

超リーズナブル!冷えた身体にうれしい!
「波止場食堂Y-CC店」豚汁定食

栃木さんの営業エリアではないが11月4日に「ハヤブサキッズわくわく釣りフェスタ」が開催された横浜市の大黒海づり施設から徒歩10分ほどの距離にあるのが横浜港流通センター。その施設内に「波止場食堂Y-CC店」という港湾関係の職員が利用する食堂があり、一般も食事が可能。
日曜・祝日、年末年始は休業なので平日と土曜だけしか利用できないが、とにかくお値段が超リーズナブル。ランチや日替わり定食が「500円前後!」というコスパのよさで、平日釣行の帰りに利用しない手はない。
ただし1階定食コーナーは平日が14時まで、土曜が13時という営業時間なので、午前中だけの釣りに限られる。栃木さんのおすすめは「豚汁定食」で具だくさんの豚汁にコロッケとアジフライがセットになっている。
寒い冬場、アフターフィッシングのランチは、冷えた身体にうれしい、そして財布にも優しい! ここで決まり!

豚汁定食
波止場食堂メニュー
「波止場食堂」の人気メニューはランチや日替わり定食だが、寒い冬場は具だくさんの「豚汁定食」がおすすめ! コロッケ、アジフライも付いているのがうれしい
波止場食堂Y-CC店外観
波止場食堂Y-CC店
横浜港流通センター内にある「波止場食堂Y-CC店」は1階が定食コーナー、2階が麺類コーナーになっている。
麺類コーナーの営業は平日のみ、13時30まで
大黒海づり施設
風景
横浜港の大黒ふ頭にある「大黒海づり施設」は桟橋タイプの釣り公園で釣り台は手すり付きで安全、ファミリーフィッシングに最適だ。秋から冬場の釣りものはサビキのアジ、イワシ。底を探ればカサゴ、アイナメ、カレイ。スズキ、メバルも狙える

波止場食堂Y-CC店

住所:神奈川県横浜市鶴見区大黒ふ頭22
HP:http://www.y-port-kousei.or.jp