あらゆる魚がターゲット!
ハヤブサの「ジギングサビキ」で何魚種釣れるか試してみた

今回はハヤブサ[Hayabusa]から発売されている「ジギングサビキ」シリーズを使って、堤防からのショアジギングに挑戦した。
シンプルな仕掛けでありながら、あらゆる魚種を狙えてしまう優れものだ。

ジギングサビキとは

ジギングサビキ

「ジギングサビキ」とは、その名の通りジギングとサビキを組み合わせたもの。
通常のサビキ仕掛けとは違い、エサを用意しなくても楽しめる。

通常のサビキ仕掛けとの違い

ジギングサビキとサビキの違い

通常のサビキ仕掛けは下部にコマセカゴを付けるが、「ジギングサビキ」ではその代わりにメタルジグを装着する。
メタルジグ以外にも、インチクやタイラバ、ジグヘッドワーム、ルアーなどを付けてキャストすれば、狙える魚の幅も無限大だ。

ジギングサビキ

今回使用したのはハヤブサ[Hayabusa]から発売されている「ジギングサビキ」シリーズ。

本シリーズはラインのタラシ部が短く設計されており、手持ちのどのようなロッドを使用してもキャスト時のライントラブルが発生しにくい。

どのような魚が釣れるのか

カマス

通常のサビキで釣れるアジやカマスはもちろん、メタルジグで狙うことが多いサバやブリといった青物まで釣れる。

ヒラメ

他にも砂地に多いヒラメやマゴチ、魚の王様マダイなど、基本的にサビキとルアーで狙える魚はほぼ全てターゲットと言っていい。