冬の釣りを楽しむ 後編

冬の釣り

富所プロ

前回は、冬の釣り特集ということで、この季節だからこそ釣りたい魚や、冬の釣りの魅力などを、イカ先生こと富所プロに話を伺ったのだが、後編となる今回は、その寒さと上手に付き合うためのレイヤリング(重ね着)の方法や、医学という要素を取り入れた富所プロの独自の観点からの、オススメのカイロ使用術など、より冬の釣りが楽しくなる技について聞いてみた。
あらゆる釣り分野で幅広く活躍する富所プロだからこその「冬の知恵」は、きっと岸釣りや船釣りを問わず非常に役立つものばかりではないだろうか。趣味も仕事も健康な体があってこそである。紹介した方法をひとつでも取り入れて、寒く厳しい季節も風邪ひとつ引かないで釣りを楽しんで欲しいものである。

基本となる装備・レイヤリング

ジャケット着用

基本となっている、普段のレイヤリングはどの様な感じなのでしょうか?

先ず一番最初にインナーとして着るのは、ほとんどが長袖で、裏起毛のものが多いですね。寒さに応じてミドラーには薄手のダウンを着ることが多いです。首元も冷やさない様にしましょう。
そしてアウターとして各々ジャケットだったりを着ていく感じになりますが、ここで大事になってくるのが、上だけでなく、下(下半身)も同じ様にレイヤーをするという部分です。FREE KNOTからは薄い遠赤外線輻射素材(=光電子®)のインナーの他にも、光電子®のミッド用のパンツなどもリリースされていますので、タイツ+ミッド、その上からアウターパンツを穿きます。下半身は非常に重要です。

光電子®の靴下

なるほど。やはり寒さは下半身から来るものなんですね?

そうなんです。結構皆さん上だけ一生懸命にやりがちなんですが、むしろ大事なのは下半身~足元で、体は大体そこから冷えてきます。
足回りでも、光電子®の靴下があって重宝しています。さらにそこに、つま先だけを覆う靴下があるんですよ。コレを履いていただくとまた全然違います。

確かに岸にしても船にしても、ずっと冷たい地面(または甲板など)と接地している部分から冷えてくるのは、考えてみれば当たり前なわけですね。中を固めた後、靴などはどの様なものを?

やはり冬用の、サーマルブーツと言われる厚手で保温性の高いものを履いてます。中をしっかりとレイヤーすれば、長靴等でもいいですが、冬用のブーツを履くと尚いいと思います。ここまでが所謂「レイヤリング」だけの、寒さを防ぐお話しになります。

すると、ここからまだ何か裏技的なものが?

レイヤリングと併せて活用したいホッカイロ術

夜明けとともにだったりとか、夜釣りをされる方は知っていると思いますが、日が出る前や日が沈む前後というのは、一気に冷え込みます。私もそうなのですが、その時間帯にプラスαでホッカイロなどを使われる方が多いと思います。

むしろ手放せません(笑)

そうですよね。そこでその使い方なのですが、何処にでも貼れば良いという訳ではなくて、ちょっとした医学的は話になってくるんですけど、、、

ほうほう、、、

よく言われるのは、一番太い血管の近くに貼ってあげるとすごく効果的です。例えば下半身でしたら、一番良いのは太ももとか、後は股関節の付け根辺りっていうのは、一番動脈が外に出てくるところなのでオススメです。

腿は内側ですか?

腿はですね、真正面でいいんです。筋肉が多くて、血管もあまりなさそうに見えるんですが、腿は一番風を受ける部分なんですよ。船に座っていても、風だけでなく雨が降っていれば一番濡れますし、釣りをしている時は船べりに当たっていたりと、何かと腿から冷えやすくなります。それと岸から釣っていて、鉄の柵なんかに身を持たれる時なんかも何かと腿は冷たいものと接触することが多いんです。

ホッカイロ貼り方

上半身だと先ずは腰に1枚ですね。腰は立つ、座る、しゃがむなどの、人間の動作の起点となる場所でもあるので、ここを冷やしてしまうとどうしても動きが鈍くなってしまいます。血管も多く走っているので、体が温まりやすいという効果もあります。
あとは胸ですね。大胸筋、ちょうど乳首の上の少しだけ外側あたりです。脇の下には太い血管が走っていますが関節です。そこに貼ってしまうと動きにくくなってしまいますので、胸の前部分でOKです。そうすることで、首もとからの冷気や、正面からの冷えを抑えることが出来ますし、保温効果も期待出来ます。ですので両腿、腰、両胸、この5枚さえあれば、前述したレイヤリングと合わせて、どれだけ寒い中での釣りでも大概は対処出来るんじゃないかと思いますね。

なるほど~。今までなんとなく貼っていましたが、そういった理由を覚えればもっと貼り方も工夫出来そうですね。

はい。オカッパリなんかでは特に、いろいろなシチュエーションで腿に貼った2枚の効果を実感出来ると思いますよ。

間違いのないドリンク選び

湯沸かしガスバーナー

私は個人的には熱いコーヒーが好きだったりするのですが、何か寒い時期の釣り場で飲むオススメの飲み物なんかはあるんでしょうか?

そうですね~。寒い時にはよく生姜入りのドリンクが良いと言われますが、なかなか普段飲まれないと思います。あまりコーヒーはよくないんですよ(やはりそうでしたか…苦笑)やっぱりコーヒーにはカフェインが入っていて利尿効果が強いので、オススメはしません。

ちょっとした小道具になりますが、冬の釣りにはズバリ保温機能のある「水筒」です。
今私が個人的によく使うもので、ちょうど500mlのペットボトル1本の量が入るものがあるんですよ。蓋がカップのものではなく、ワンタッチで蓋を開け閉め出来るタイプなのが重要です。好きな量だけ飲めますし、ボトルの様にキャップの開け閉めがなくて便利です。
しかも500mlが入るサイズなら、もちろん家でお茶を入れてくるなども良いですが、朝早くて準備が大変な時でも、道中のコンビニで暖かい飲み物を買って注ぐことも可能ですよね。結局暖かい飲み物でも、この季節はすぐに冷えてしまうじゃないですか?むしろ外気と同じぐらいの温度に冷えてしまうと、むしろ体を冷やしてしまいます。実は5本ぐらい持ってます(笑)

かなり研究されたようですね(笑)しかし言われてみればそうですね。コンビニで買ったホットコーヒー、結局釣り場に着いた頃には大体冷たくなっている気がします…

それと寒い時期によくやるのが、出船前などにコーンスープの素を入れてお湯を注いで軽く振って、船の上で熱いスープを飲んだりしています。これが美味しいし温まる。オカッパリの時は小型のものを用意したりして、その時の釣りに合うものを探してますね。ホームセンターなんかに行くといろいろなタイプがあって楽しいですよ。

勉強になりました。ガスバーナーなどを持って行って、釣り場でお湯を沸かすのも楽しいですが、次回は高性能の「水筒」を使いこなしてみたいと思います!


前編の記事はこちら