サビキの秘密

Secret of “SABIKI” サビキの秘密

サビキの秘密

サビキ、というリグについて、サビキ釣りをしたことがなくても、ほとんどの人が知っている…
いや、知ってるつもりになっている。サビキには多くの種類が存在し、擬餌だけでもかなりの種類が存在していることをご存知だっただろうか?
その種類の多さとバリエーションの豊かさに驚いた記者が、ハヤブサのサビキ開発を担当している田中氏にインタビュー。数回に分けて、サビキの世界を探求してみたいと思う。

HEAT:はじめまして。サビキ、といえば防波堤でのアジなどを釣る仕掛だ、とは分かるんですが。

担当 田中さん(以下田中):さて、どこからお話すればよろしいですかね。

HEAT:まずはやっぱり、擬餌の種類が知りたいです。

田中:魚皮で言えば、サバ皮とかハゲ(カワハギ)皮、ナマズ皮、ハモ皮、サメ腸などがあります。

HEAT:ハゲ皮というと?

田中:カワハギの皮で特殊な処理を行っています。そのまま使用することが多いのですが、着色したり、ピカピカと光るようにオーロラ加工をしたり、鱗調にラメを加えたり…。 また、カットする形状も様々です。

HEAT:自然由来の魚皮以外に人工のものもありますよね?

田中:主に合成ゴム製の、スキンと呼んでいるものが主流で、色、薄さ、そしてハリへの巻き方、そしてどれぐらいの長さにするかなど… それに加えて、オーロラ糸やブライトン、フラッシャーと呼ばれるキラキラと光る糸、また、ウーリーやフェザーと言った素材もあります。その他、鈎結びの上に施す留も色々な色がとありまして、使用するマテリアルだけで結構な数がありますね。

HEAT:この小さなハリに巻かれているものだけで、結構な種類のパーツが絡んでくるんですね。

田中:組み合わせ方も様々ですから、膨大な擬餌になります。

HEAT:そんなに種類があるんですね。そんなに必要なんですか?

田中:いつでもどこでも、どの様な状況でも一番釣れるサビキがあれば1種類でも良いのかも知れません。ですが、状況によりその日の当たりサビキは変化しますので、多くの種類が必要になってきます。あとは日本全国、地域ごとに実績の高い色や形、組み合わせがありまして… そこから派生して、これだけの数になっているというわけです。当然、釣り人の好みなどもあります。

HEAT:一体、どれぐらいの種類があるんでしょう?

田中:小アジ用の堤防サビキに限っても、30種類以上ありますね。

HEAT:そんなに!?

田中:さらに弊社のカタログに載っていない特注品もありますから…

HEAT:カタログに載っているものだけでも数えるのが困難なほどなのに、特注サビキも存在するんですね。

田中:そうです、そうです。エライことになってます(笑)

ジュエルスキン
ジュエルスキン
鱗のような妖しい反射光が宝石のような輝きを生み、魚を虜にする。
リアルシラス
リアルシラス
アジやサバが好んで捕食するシラスを再現。

HEAT:サバ皮、ハゲ皮、それにナマズ皮と… 魚の皮などを使った擬餌がありますけど、この皮によっての特徴はあるのですか?

田中:たとえば、サバ皮はやわらかくて透明感もあり、とてもナチュラル。なめらかな動きをしますね。その反対にナマズ皮は非常に強くて丈夫なんです。ハゲ皮はしなやか且つ丈夫で、これらの中間的と言えます。
(第二回につづく)

オーロラハゲ皮桜ゴールド
オーロラハゲ皮桜ゴールド
天然素材のハゲ皮をオキアミやアミエビを連想させる桜色に染色。

サバ皮:しなやかで、ナチュラルな動き。透明感があり、実績の高い魚皮。
シャミ皮:耐久性があり、長く集魚効果を持続する。
ハモ皮:マクロ撮影するとその紋様がはっきり分かる。淡い光りを放つ。
サメ腸:独特の透明感とキラメキで、水中で生命感を発揮。
ナマズ皮:硬く丈夫な皮で、動きもメリハリがある。

(左)蓄光スキン・グリーン、(右)蓄光スキン・レッド。
(左)蓄光スキン・グリーン、(右)蓄光スキン・レッド。
その名の通り、紫外線を集め暗部で光る。深場や濁り潮に効く。
リアルアミエビ
リアルアミエビ
「リアル」であることに徹底的にこだわり、アミエビを再現するためのスキンとオーロラ糸で触覚や尻尾までをイミテート。
バーチャル魚鱗
バーチャル魚鱗
ハゲ皮にラメ加工したタイプ。妖しい反射光で高い集魚能力をもつ。
「小アジ専科」の白スキンタイプ
「小アジ専科」の白スキンタイプ。
人工皮と言えるスキンは柔らかな動き。
ピンクスキン
ピンクスキン
撒き餌のオキアミとそっくりなナチュラルさ。
オーロラハゲ皮
オーロラハゲ皮
ハゲ皮の風合いを活かしたタイプ。スキンタイプに比べ、メリハリがあり、鱗のような妖しい反射光が集魚効果を発揮。
ケイムラスキン
ケイムラスキン
紫外線により光るタイプ。
ツイストスキンピンクレインボー
ツイストスキンピンクレインボー
独特なきらめきと透明感で、艶かしい生物感を表現する。

※クリックすると拡大画像が表示されます。


後編の記事はこちら